プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:健康・温泉ほか ___ RSS
たけしの本当は怖い家庭の医学 で、お風呂の入り方をやってました。 

お風呂に入ったとき脱水症状が進み、そのまま眠たくなって
風呂でポックリなんていうことがあるので、、風呂は危険な日常行為で
年寄りになるほど、そのリスクは増えるのが知られているが・・・・


今のところ実際にやっているのは次の通り・・

入浴の前後に水を飲んで、脱水症状を減らす
末端部分からお湯を掛けて、心臓への急激な温度変化を避ける
長時間の入浴は避ける、高い温度は控える
肩まで漬からず半身浴

湯船から、浴室から外に出るときに
足首に冷水を掛けて、血液が急降下するのを防ぐ・・・
これは外の温度差で、めまいを防ぐため 湯ざめの予防にもなる。



で、今回番組でやってたのを見ると・・・

長時間入ると、通常の37度の深部体温が39度に上がってしまい
夏の熱中症と同じ危険な状態になるというのがわかった。

どうやら42度以上のお湯に入っていると
PAIと呼ばれる物質が、血液中に大量に放出される
血小板のような止血のための物質なので、
たくさん作られると血が固まりやすくなり
つまり血液がドロドロの状態に・・・・

そうなると、血栓ができて、脳梗塞になりやすいと・・・


それから・・・お年寄りなるほど、温度が低いと・・・
こんなにヌルイと風邪をひく・・・・俺を殺す気か・・という人がいるが・・・
あれは・・・年寄りになるほど、温度の感受性が低くなるから

そういう場合は、温度が高い方がホントに脳梗塞で死んじゃうぞ
といってやりましょう・・・

今回ゲストの人たちの検査結果は意外にも・・・
レッドゾーンの人はいなかった ただ・・・予備軍の人はいて

43度で、10分
40度で、40分という長時間  という人たちだった。



いきなり入るのは危険

冬場はお湯と浴室との温度差が大きいので いきなり入ると危険な
血圧上昇を招くので、そういうリスクを避けるため、体の末端の手・足に
お湯を掛けて、ゆっくり慣らしながら入りましょう。

半身浴は良いのか?

心臓や肺への負担を減らす入り方には違いないが
長すぎる時間は危険なので、短くするのが賢明 

問1 お風呂で、めまいは 何故?
皮膚の血管が拡張して赤くなり、立ち上がった時に
頭の血管が足りなくて起きるので・・・その場合はゆっくり起きること

さらに、浴槽からから出るときに「めまいが」起きた時は
溺れる危険があるので、まず第一に浴槽から出ることを最優先に
そして横になること 


安全なお風呂の入りかた

脱水症状を減らすのが第一なので
入浴前後にコップ1杯(200cc)の水を飲む

半身浴 みぞおちまでのお湯 20分から30分 水温 40-41度
全身浴 15分から20分


正しい入浴をすると 良いことが・・・

①疲労回復 ②免疫力を高める効果がある

入浴後の体温が37.5度に上昇すると、NK細胞と呼ばれる免疫細胞が活性化
風邪などへの抵抗力が高まると言われてます。


それから・・出るときに足首に水を掛けるのは(高血圧の人はダメ・どこかで見た)
良さそうなので、そのままで続けよっと・・


温泉施設や旅行会社への希望

でも・・こんなのを見ると、温度が高すぎる温泉など
健康にいいばかりか、入り方によっては極めて危険なことに思える
事実、温泉では、けが以外にも、高齢者の死亡事故が割と多い

そして、私がこれまでいった温泉で、浴場入口の前で
「お水のサービス」をしていたのは、ほとんどありません
時間帯によっては、誰もいなかったりします。

この実態は、嘆かわしいどころか、危機感を覚えます・・・
利益優先で、客の安全を考えていない・・

もっと、バス旅行の時のお風呂など、到着時には温泉・旅館といった施設など
正しいお風呂の入り方を指導した方がいいと思う。
もちろんスーパー銭湯もそうだ、正しい入り方の案内をあんまり見ない、

「事故が起きれば客が減る」 そういう見方で見ても
こういうのはしっかりやって欲しいもんだ・・・・ 

 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

タグ : たけしの本当は怖い家庭の医学 風呂 ふろ フロ 熱中症 脱水症状 脳梗塞

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




 

  • 2016/04/13  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震 その2
  • 2016/04/12  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震
  • 2016/04/02  : 2016/4/1 三重県南東沖で地震発生 M6.1 東南海かと思った・・・
  • 2015/09/24  : 2015/9/24 京都で地震発生 M3.5
  • 2015/06/03  : 2015/06/03 近畿のほか 中国・四国地方でも梅雨入り
  • 2015/06/01  : 2015/6/1 兵庫県南東部で地震
  • 2015/06/01  : 2015/5/30 小笠原沖でM8.5地震 全国で有感す
  • 2015/05/28  : 2015/5/28 大阪市内で地震発生
  • 2015/02/06  : 2015/2/6 徳島で震度5強の地震発生
  • 2014/11/23  : 2014/11/22 長野県北部でM6.8の地震


  • トラックバック





    copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。