プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:他府県 ___ RSS
081122_Himejijyo_051.jpg

天守閣の中に入ると、さっそくスリッパに履き替えました
この辺は彦根城もそうでしたが、どこも同じですね。

081122_Himejijyo_052.jpg

まず中に入って目にしたのは、天守閣を支える大きな二本柱でした
地階になります、薄暗い所ですが、左に東大柱 右に西大柱があります
長さは、地階から上まで24.6mあります。

081122_Himejijyo_054.jpg

天守閣では急な階段が待っていますが・・・彦根城程ではなかったです・・

081122_Himejijyo_073.jpg

石落とし

城の天守閣の四隅についている張り出し部分です
これは中から見たもので、迫りくる敵兵に対し、石つぶて・熱湯など
槍を落としたり、鉄砲を撃つなどをして応戦します

ただ姫路城はそこまで戦闘していません
鳥羽・伏見の戦いで、戦闘になり焼失する危険もありましたが・・

よって、江戸時代以前の城で、現存する城である、姫路城は天下の名城と
いわれるが、この「石落し」も、築城史上最高傑作といわれており
装飾も兼ねた美しい外見は、「袋狭間」という別名を持っています。

081122_Himejijyo_075.jpg

天守閣内部の様子です、思っていたより広いです。

081122_Himejijyo_055.jpg081122_Himejijyo_056.jpg

081122_Himejijyo_057.jpg

武器・鎧

武器掛けには、鉄砲・槍 が掛かり 鎧が展示してありました。

天守閣は、展望台であり、最後の砦であり、倉庫でもあります。
今は博物館も兼ねていますが、もともとそういう性格ですので、
内部は非常に質素な造りになっています。

081122_Himejijyo_058.jpg  081122_Himejijyo_059.jpg

途中で、柱のつないでいる部分を見ることができます。

1956年からは、天守閣の修理がはじまって
城の基礎に鉄筋コンクリートが姫山の岩盤に入れられた  1964年完成

東心柱 

樅の1本材を使用、根元が腐っていたので(地階の部分)
檜で根継して補強した

西心柱 

腐っており交換用の木が運搬中に折れ繋いだ形で使われている
3階から上が「とが」 下が(もみ)を使っていましたが
芯が腐っていたため新しい木を使って建てました

運搬中に恵那の木曾檜が折れたという、裏話があり繋いだそうですが・・
本来の西心柱も二本継ぎで作られていて、組立時に干渉するそうだ・・

上 兵庫県神崎郡市川 笠形神社 地檜 (樹齢670年)
下 岐阜県恵那郡 木曾檜 (樹齢780年)

神社のは、御神木でしょうね・・・・

081122_Himejijyo_067.jpg

6階のてっぺんに上がると、人で溢れていました
これは下に降りる階段までの行列です、右に社があるのが見えます。

081122_Himejijyo_066.jpg

刑部大神

御祭神  姫路長壁大神 播磨富姫神

この姫路城のある姫山の地主神である、城主松平明矩のとき 延元年(1748)に
長壁(おさかべ)大神と改めた  明治12年(1879)総社に移されのち、
勧請され天守閣上に祀られている。

明治15年の備前丸の備前前屋敷の火災、昭和20年7月3日の姫路大空襲に
おいても、西の丸の2発の焼夷弾(すぐ沈火)天守閣にも直撃弾(これは不発)など
姫路城の守護神として火災・災害等の霊験あらたかと、人々の信仰が篤い
6/22の「ゆかた祭」では、神徳を称えています。

himejikita.jpg

というわけで、展望を楽しみます、長い写真はつないでいます。

北側からです中央右の広場が、シロトピア記念公園です
増井山・広隆山の山々が続いています。

himejinishi.jpg

西 手前に三国堀と菱の門が見えます、あそこでお姫様と写真撮ったっけ^^ 
西の丸が、よく見えます、長局から化粧櫓のつながりが綺麗です。
右の山が男山で、ちょい左に千姫天満宮があります

千姫が本多忠刻と再婚した時、家の繁栄を願い建立したもので
朝夕、長局の廊下から祈り続けたといいます・・・

himejiminami.jpg

南  姫路駅の方向です、手前に三の丸広場 
左に姫路市立動物園があり、よく見ると観覧車が見えます。
足もとの丸いものは、播州皿屋敷で有名な・・「お菊井戸」です。

081122_Himejijyo_080.jpg

南側のシャチホコ もどうぞ 

081122_Himejijyo_064.jpg

東 手前左に市立美術館 真ん中に姫路医療センター 
左奥に県立姫路北高校が見えます。

一応、下に降りる階段の行列に並びながら撮ったものです
展望をお楽しみいただけましたでしょうか・・・・

081122_Himejijyo_068.jpg

階段を降りながら、天守閣の内部を出口へ進んでいきます

鎧武者が、ガシャガシャ歩いていたと思うと・・面白いですが・・
実際・・焼失を免れた「鳥羽伏見の戦い」でも 天守閣まで戦闘なんて
起きてませんしね・・でも徹底抗戦になるとどっちも思ったんだろうな
岡山藩はもともと先に治めていたl池田輝政の子孫 池田茂政がいたし
姫路城には徳川慶喜と共に 城主・酒井忠惇は老中の職で朝敵と・・
普通なら・・どっちも死に物狂いで戦うだろうに・・・

鳥羽伏見の戦いというと・・戊辰戦争の初戦になった戦いでもある
戊辰戦争というと白虎隊が有名で、その中でも戸ノ口原で大打撃を受けた
二番隊は、飯盛山から見た、炎上する城下の様子を見て
城(鶴ヶ城)が落ちたと勘違いして、20名が自刃(1名蘇生)という歴史あり

それを思うに姫路城でも、切りあいになった可能性もある
鶴ヶ城では籠城戦に突入したが・・姫路城の場合
防御力も高く、かなり武器弾薬・兵糧も備蓄できたと思うので・・

摂津国兵庫津の勤王豪商・北風正造が、15万両という・・途方もない私財を
官軍にを寄付して、それをくいとめたが・・・

私事を言うと・・攻め込む側も・・相当嫌だったに違いないと・・・

そう思ってしまうのは・・・門の前を狭く曲げて、破壊槌の使えなくしたりと
やはりあの曲がりくねった縄張の道を上ってきたからだろうか

081122_Himejijyo_069.jpg

天守閣の内部構造です、柱がどういう風に入っているか見られます。

081122_Himejijyo_072.jpg

こっちは、城下の様の模型で、大抵どこのお城にもありますが、凄い規模です、
手前に大手門があるんですけど、城だけ見ても・・プラモデルで作ったことのある
部分が凄く小さいです・・

081122_Himejijyo_049.jpg081122_Himejijyo_050.jpg

大分下まで降りて来ました、複雑な形の 屋根が見えます
下のトタンは、スリッパを履き替える所でしょうか・・日にちが経ってて
どこだったか・・よく覚えていません・・^^::::

081122_Himejijyo_051.jpg

やっと外に出ることができます、結構おもしろかったですね
また来てみたいですが・・姫路城の修復工事6年もかかるそうで・・
今度は天守閣をすっぽり覆ってしまうので、見に行くなら今のうちです

去年京都で、銀閣が同じようなことになっていて・・・残念でした・・・

 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 姫路城 天守閣 展望 武具 姫路長壁大神 播磨富姫神 修復工事 081122姫路0系

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




 

  • 2016/04/13  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震 その2
  • 2016/04/12  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震
  • 2016/04/02  : 2016/4/1 三重県南東沖で地震発生 M6.1 東南海かと思った・・・
  • 2015/09/24  : 2015/9/24 京都で地震発生 M3.5
  • 2015/06/03  : 2015/06/03 近畿のほか 中国・四国地方でも梅雨入り
  • 2015/06/01  : 2015/6/1 兵庫県南東部で地震
  • 2015/06/01  : 2015/5/30 小笠原沖でM8.5地震 全国で有感す
  • 2015/05/28  : 2015/5/28 大阪市内で地震発生
  • 2015/02/06  : 2015/2/6 徳島で震度5強の地震発生
  • 2014/11/23  : 2014/11/22 長野県北部でM6.8の地震


  • トラックバック





    copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。