プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:他府県 ___ RSS
081122_Himejijyo_016.jpg

西の丸から、はの門へ向かう この途中の坂道は
時代劇中の登城のシーンで見たことがある人も多いと思う

ご覧のとおり・・ここを抜ければ、天守閣まですぐに行ける風に見える・・
でも実際は、菱の門の次の、「いの門」からすぐ右へ行くのが正しく、
姫路城を上から見ると、縄が渦を巻くように見え、遠回りをさせて、
敵の兵力を削ぐことに注意を払った実戦を意識した城だということがわかる。

壁には銃眼が沢山付けられているのが見える

外国人を連れた、ガイドがこの坂をを「ショーグン・スロープ」・・・とかいって
歩いてたのがオモシロかった・・ww

がイドの申し込みは、チケット売り場の隣で申込み出来る

081122_Himejijyo_017.jpg081122_Himejijyo_034.jpg


はの門

ここには「転用石」という名前の石がある
築城時に石が足りなかったのか、灯ろうの台石で間に合わせている

尚、転用された石の中には、五輪塔・宝篋印塔そして石棺までもが
使われたといわれ、石垣などあちこちで見ることができます。

081122_Himejijyo_029.jpg

後ろを振り返ると、化粧櫓が見える、紅葉ともに、とても美しい

081122_Himejijyo_018.jpg

はの門 を抜けると、二の丸 ここからの眺めもなんとも重厚
次々景色が変わっていく様は、見ていて飽きない

ここも、時代劇中で見たことあるような・・・

081122_Himejijyo_019.jpg

にの門

ここは門の中で階段になっており、出口側はとても狭く
頭が当たりそうになる・・・これも敵を防ぐため・・・

081122_Himejijyo_020.jpg

にの門 を抜けると大天守群が、まじかに眺められる、
絶好撮影スポットにたどりつく・・というか・わざわざ看板が立っているww

右から・西小天守・大天守・乾小天守 です
なぜか季節はずれの・・桜が咲いています・・

081122_Himejijyo_030.jpg

ほの門

横に壁を継ぎ足したように見えるのが、油壁のある壁

081122_Himejijyo_026.jpg081122_Himejijyo_022.jpg

「姥が石」

ほの門 をくぐると、右手上のほうに、金網で囲った石を発見
「姥が石」というもので、貧しい家の姥が、石臼を寄贈したことが
噂になったことから、多くの石が集まり石垣が完成したという一品

油壁

ふりかえると・・壁の色がここだけ違う、姫路城の壁は白くて
白漆喰が使われているのだが・この壁は粘土に豆砂利と米のとぎ汁を
枠にはめて固めたもの、秀吉時代のものとされる

「水一門」 左の門です

姫路城には、水の付く門が1から5までありますが
油壁のところを入って、左にいあるのが、水一門で、その先に
水二門・水三門とあるのですが、そこから一気に天守閣まで行けます。

でも・・せっかくなので・・順路をいきます・・

081122_Himejijyo_024.jpg

姫路城に関わった家の家紋がびっしりと張り付いていた

五三の桐  羽柴秀吉  1580年 天正8年
五七の桐  木下家定  1585年 天正13年
揚羽蝶    池田輝政  1600年 慶長3年
立葵     本多忠政  1617年 元和3年
沢瀉     松平忠明  1639年 寛永16年
三つ巴    松平直基  1648年 慶安元年 
源氏車    榊原忠次  1649年 慶安2年
剣酢漿    酒井忠恭  1749年 寛延2年 

なんでこんなに・・年号が変わるの・・・そんなに病気がはやってた?
って思っちゃうくらい・くるくる変わっております・・・・・

081122_Himejijyo_035.jpg

腰曲輪(こしくるわ)

天守閣の北側にある、やわらかい曲線を描くようにつけられ白い壁面
ここ籠城に備えての塩や米などの倉庫・井戸がありました

壁の手前の溝のようなものは・・・

081122_Himejijyo_027.jpg

屋根の軒丸瓦に、下に向いた三角の瓦を取り付けて
雨を誘導して、瓦を並べた溝に流してしまう 雨どいのようなもの
ガイドの話が聞こえたんだけど、これは秀吉が朝鮮で学んだ知恵だそうだ

081122_Himejijyo_028.jpg

石垣を巻くように、進んでいくと、への門 が見えます
上を見上げると、大天守と東小天守が見えます
やっとここまできたーって感じがして期待感が高まります・・・・

次へ

   にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 姫路城 油壁 腰曲輪 天守閣 081122姫路0系

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

Re: 姫路

姫路のことまで調べていませんし・・
興味あるんでしたら、あなたの方が詳しいはずですが・・
私は当分行く予定がないので、わかりません・・・

姫路

姫路のモノレールが1般公開される日にち、
姫路のモノレールの情報、

Re:姫路城へは…

リトルターン さん

いつもありがとうございます

私も姫路城は、3回位来ていますが
こういうお城はじっくり見たいので、
時間追われたらダメですね

姫路城って歩いてなんぼって言われるだけあって
あらためてスケールの大きさにビックリしました^^:

姫路城へは…

何度か行きましたが,ここまで詳しく,かつ万遍なく見たことがありません。
楽しくて,じっくり見せてもらっています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




 

  • 2016/04/13  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震 その2
  • 2016/04/12  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震
  • 2016/04/02  : 2016/4/1 三重県南東沖で地震発生 M6.1 東南海かと思った・・・
  • 2015/09/24  : 2015/9/24 京都で地震発生 M3.5
  • 2015/06/03  : 2015/06/03 近畿のほか 中国・四国地方でも梅雨入り
  • 2015/06/01  : 2015/6/1 兵庫県南東部で地震
  • 2015/06/01  : 2015/5/30 小笠原沖でM8.5地震 全国で有感す
  • 2015/05/28  : 2015/5/28 大阪市内で地震発生
  • 2015/02/06  : 2015/2/6 徳島で震度5強の地震発生
  • 2014/11/23  : 2014/11/22 長野県北部でM6.8の地震


  • トラックバック





    copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。