プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:他府県 ___ RSS
081112Amanohashidate021.jpg

バスは、傘松公園の下の府中駐車場に着きました
ここには、丹後一宮 元伊勢籠神社がありますので
さっそく参拝させていただきました

とにかく時間がないといわれていてまして・・・

鳥居をくぐって大きく両サイドに、重要文化財の、屋根つきの狛犬がいるんですが
それがいません・・・・鰹木のある建物 (屋根の上に丸太のようなものがある)
ちょうど左側の七五三の旗と、白いトラックの後ろにある・・屋根のある
あそこにいるはずなんですが・・どうやらいませんね・・

というか、ごちゃごちゃしていたので見落としたのがホントのところですが
右側の方はビニールシートが見えていますし・・・・

081112Amanohashidate022.jpg

神門です、新しく作られましたが、日にちが経つと
こういう色なります

で・・さっきの狛犬の件ですが・・・・

酸性雨で近年傷みが激しく・・それで屋根を付けられたとありました
下に降ろされてますので・・・ビニールシートが掛かってます
(七五三の旗の左のやつ・・・) 

ここの狛犬は鎌倉時代からのもので、あまりの出来のよさに
夜になると天橋立に現れ、人々を驚かせたそうで、
岩見重太郎なる剣豪に右足を切られ(傷がある)それ以来、
おとなしく守護の任を果たしているとのいい伝えがあります。

見られなかったのは残念・・・・パイロンで囲ってるし・・・・

081112Amanohashidate023.jpg

拝殿に来ました、さっそくお参りさせていただきましょう
去年は伊勢でしたので、今年もこんな立派なところに来られるなんて
なんて幸せなんでしょう・・・・


丹後一宮元伊勢 籠神社

歴史的を見ると、とても古く、天橋立は籠神社の境内であり、表参道でした。
元伊勢と付くのは、奥宮・真名井原に豊受大神をお祭りしてきましたが、
崇神天皇の代で天照皇大神が当社にうつり、與謝宮(吉佐宮)と名で
一緒にお祭りしていましたが。

天照皇大神は、垂仁天皇の代に 豊受大神は 雄略天皇の代に
それぞれ伊勢におうつりになりました。そのため元伊勢
という名が付いています。

そののち、主祭神として、彦火明命(ひこほあかりのみこと)を祀っています。

主祭神  彦火明命(ひこほあかりのみこと、別名:天火明命)
      火明命、天照国照彦火明命
      天火明命(アメノホアカリ)太陽の光や熱を神格化した神

相殿   

豊受大神 五穀豊穣の神様で、衣食住や、あらゆる産業の守り神です。
天照大神 太陽を神格化した神様で、皇族や、すべての日本人の
       総氏神と云われています。

海神    海の神様、航海の安全と漁業を司る
天水分神 水の分配を司る神様、水利、水道、水運を司る  

奥宮    真名井神社

もともとの鎮座地にある神社です

磐座首座(上宮)豊受大神
磐座西座(上宮)天照大神 伊邪那岐大神 伊邪那美大神

伊邪那岐大神(イザナギ)伊邪那美大神(イザナミ)
神話より、日本列島を作り、神つくりの二人の神

豊受大神をお祭りするのに選べれた理由の1つに真名井の湧水があり
今も清らかな水が湧き出でています。

摂社  

蛭子神社     恵美須様(彦火火出見命・倭宿彌命)

真名井稲荷神社 宇迦御魂、保食神 明治末期迄、奥宮真名井原に
           祭られてましたが、平成三年九月九日、八十年ぶりに
           本社境内に再建されました。
末社  

春日大明神社  春日四神を祀る 電気関係守護・悪縁消滅・破邪顕正

猿田彦神社  猿田彦大神を祀る 交通安全・建設守護・屋敷浄化・厄除長寿
         邇邇芸尊(ニニギ)が天下りをしようとした時に
         葦原中国(葦原中國 あしはらのなかつくに)まで
         道案内をしたのが、猿田彦 この事から交通安全の神と言われている。

081112Amanohashidate024.jpg

拝殿でお参りをして、左いくと、お社が4つ並んでいます。
左から、真名井稲荷神社 猿田彦神社 春日大明神社 天照大神和魂社 です

朱に塗られた、真名井稲荷神社が目を引きます。

081112Amanohashidate025.jpg

ケーブルカーへ続く、裏参道への鳥居に近くに
倭宿禰命像があります、亀に乗って金色の玉を持っています。
亀に乗ってるところが、浦島太郎のようでユーモラスですね。

倭宿禰命像 (やまとのすくね)別名 珍彦 椎根津彦 

海部(アマベ)氏は、元伊勢の宮司として八十二代を数え
二千年以上の歴史を持っている。

4代目祖が、神武天皇の御東遷おり
明石海峡に亀に乗って現れ天皇を無事に大和へ送り届けたといわれ、
さらに大和建国の功労者として倭宿禰の称号を賜った。

   にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 伊勢 天橋立 丹後一宮 元伊勢 籠神社 1112天橋立

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

Re: はじめまして!

ご訪問頂きまして、ありがとうございます
各地に行かれて羨ましく思います。

こちらこそどうかよろしく^^


> はじめまして!私は一之宮巡りを趣味としてものです。
> どうぞ宜しくお願いします。

はじめまして!

はじめまして!私は一之宮巡りを趣味としてものです。
どうぞ宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




 

  • 2016/04/13  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震 その2
  • 2016/04/12  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震
  • 2016/04/02  : 2016/4/1 三重県南東沖で地震発生 M6.1 東南海かと思った・・・
  • 2015/09/24  : 2015/9/24 京都で地震発生 M3.5
  • 2015/06/03  : 2015/06/03 近畿のほか 中国・四国地方でも梅雨入り
  • 2015/06/01  : 2015/6/1 兵庫県南東部で地震
  • 2015/06/01  : 2015/5/30 小笠原沖でM8.5地震 全国で有感す
  • 2015/05/28  : 2015/5/28 大阪市内で地震発生
  • 2015/02/06  : 2015/2/6 徳島で震度5強の地震発生
  • 2014/11/23  : 2014/11/22 長野県北部でM6.8の地震


  • トラックバック





    copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。