プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:旅客機 他の場所 ___ RSS
 MRJ は、経済産業省の支援を得て、
三菱重工が、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」を開発中
 (ミツビシ・リージョナル・ジェット)という

YS-11以来 40年ぶりの国産旅客機開発である
今後の国産旅客機産業の命運が掛かっている、これに失敗すれば
2度の失敗で、もう旅客機開発のような、冒険に出るようなことは無いと
簡単に想像出来るだけに、失敗は許されない

MRJには、三菱商事やトヨタ自動車 などが出資している
トヨタの名前は大きな力である、 特に海外への販売には
あのトヨタが支援しているのだからと・・ 成功への期待が高まります

9/4 このほどボーイング社からの、米連邦航空局(FAA)の
型式証明取得についてや機体開発・販売などで、支援を受けることが決まり
富士重工業に、協力を要請していることも明らかになった

また、全日空・日本航空とあわせて、30機ほどの契約を受けている

1機30億から40億円といわれているが、これに成功すれば
裾野の広い産業なので、日本の技術にますます箔がつくというもの
787で、日本製は燃費がいいのは実証済み、営業的にも相当イケソウ


40年前、日本航空機製造のYS-11開発で、 終盤の孤立無援 と
最後は、借金とマスコミの非難ゴーゴーで、航空機販売に懲りた感じのある

日本の航空機産業、下請けや、ローンチカスタマーという
外国の航空機メーカーの試作段階の、協力くらいのようなモノだけかと・・
これだけでも貢献は凄いんですが・・

ボーイング787の開発に至っては767型機の在来機に比べ、
エンジンで8%、複合材、空力システムの各々で4%の計20%に及ぶ
燃費向上が図れるとして、今後の航空機設計のパイオニアになるであろうかと
いうような、凄いことになっている、日本の分担生産の割合が35%と過去最大

こういった燃費節約に、日本の航空技術は欠かせなくなってきており
また、それだけの力をつけてきたことから

海外を見れば、この航空機の開発販売は、ハイリスク・ハイリターンの
美味しい産業となっており、100人から60人以下の、このクラスは、
カナダのCRJ ブラジルのERJ が、飛んでおり
中国ARJ-21も、目下開発中

期待の「MRJ」 日本の空のみならず、世界の空へ
羽ばたいて行ってもらいたいですね^^


   にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : MRJ 国産 旅客機 飛行機

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

Re:成功して欲しいけどね…

ふふふ さんへ

はじめまして、熱の入った御意見 ありがとうございます
おっしゃるとおり、少なすぎると思いますし、不安感がぬぐえません

どこのメーカーも、国の支援や、天文学的な予算を使い、
軍用機への転用・輸出も考えてあるのが普通ですが
なおかつ携わる技術者や、産業の裾野に至るまで、日本など勝負になりません

40年・・・YSで集められた人たちは、その後経験を生かせる場を
与えられるこもなく、四散していきました・・それだけでも
もったいないことです・・・0

トヨタの100億・・・最初書いたとき 1000億と書いてしまい
慌てて戻したんですが少なすぎます、F2 1機買えないですし・・
CM代でしょうか・・・・微妙ですね・・・・

富士は設計しか、やりたくないってことでしょうね
ほかの金のかかることは、し~らねって事かな

そう考えると・・・元さえ取れるかわからなく、なってきますね
もっとも・・通常 元が取れる機種はベストセラー機ということですが・・・・
この場合開発費が低いので・・

でも787のでの実績をみれば、多少はいいのが出来るかもしれません
あとは、国産ジェットが、また飛ぶ位の程度に考えた方が、よさそうですね

成功して欲しいけどね…

まず、開発費が少なすぎますよね?
1500億円というと莫大な額に聞こえますが、実は飛行機開発においては、少なすぎます。ちょっとググってみれば判りますが…
継続的に航空機を作っているところならまだしも、40年ぶりの開発って、実は一から出直しと同じです。それで、1500億しか開発費がないってちょっと信じられないくらい楽天的な気がします。
 「トヨタが100億出した」とか言われていますが、日和ったとしか思えないです。成功したら「だから、100億も出したんだよ」っていえますし、失敗したら「付き合いで出さざる得なかったけど、1/15がせいぜいだよね!?失敗しそうだったし…」 微妙な数字だと思いませんか?
 今のところとは言えFHIが、設計だけしか参加しないと言うのも気に入りません。
 「設計しかしない」…ちょっと考えてください。FHIの技術者は、MHIの工場の能力に合わせて図面を書くということですか?
 このことがどれだけとんでもないことか判る人がMHIには居ないんでしょうか?
 成功して欲しいと思っていますが、今のところ見通しの甘さだけが目に付きます。
 本当に大丈夫でしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。