プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:アウトドア ___ RSS

 世界最高峰エベレストの山頂に80歳となる冒険家の三浦雄一郎さんが、
日本時間の23日午後0時15分ごろに、標高8848メートルの山頂に
到達し、世界最高齢での登頂記録を4歳更新し史上最高齢記録を更新した

お昼頃でしたかね、テレビを点けたら家族とのやりとりを中継してた


どこの山でもそうですが山頂に立った後の天候急変など、まだまだ予断を
許しません、ヒラリーステップで下から登山隊が来ると待たされること
などあるそうです。



エベレスト


エベレストの話は山の図鑑でヒラリーとテンジンの初登頂の話を読んで
知りました、その後、また興味が出たのは「植村直己物語」を中学の時
「淡路東宝」に学校行事で見たことでしょうか、高校で山岳部に入るの
はもちろんこれのせいで・・・まぁ1年で奥穂・前穂縦走 2年富士山
3年 槍(2年は知り合いと)・・そんな感じで

  

1988年5月5日の「南北交差縦走」で連休中にテレビ中継があり
連日映し出される映像を見入ってましたね 「ベースキャンプ」や
「アイスフォール」「C1」「C2」「C3」といった 高所の幕営 初登頂者
の一人の「エドモンド・ヒラリー」の名がついた難所「ヒラリーステップ」
それらがテレビを通して「自分でも行けそう・・などと思えるくらい
身近に感じたのはテレビのせいですね・・・

チョモランマ(中国名)サガルマータ(チベット名)
この別名が広く知られるようになったのもこの頃です
最近は聞きませんね。


次は、数年間に飛んで「空へ」です 大量遭難事故の話で、日本人女性の
「難波康子さん」が含まれていて、この本でエベレスト営業公募隊を知り
このような商業登山があるのを知った



遭難


吹雪に巻かれて眠ったら死ぬとか・・・はよく知られていますが


・ 寒むさで体感がおかしくなり急に暑く感じて服を脱ぎだすとか
・ 凍傷にかかった部分が真っ黒になって切断しかなく手足を失う
・ 雪崩に巻き込まれると全身打撲で体中が骨折するとか
・ 7000mを超えた絶対領域では酸素が無ければ
  肺に水が貯まる「肺水腫」になる
・ 宙吊りで意識が弱い人を急に横にすると様態が急変し死に至る


そんな事を知るのは、その後ドキュメンタリー等を見たり本で読んだもので
輝かしい記録の裏にある危険な側面を知るのずっと後のことです。


肺水腫は 3500mから4500Mくらいが一番かかりやすい


というのを見つけました「酸素分圧からみた高所生理学について」より

シェルパの居住高度で3週間程度暮らすと高度順化がうまくいくと


たしかに本などを読んでいると、ベースキャンプまで何カ月も掛けていたり
途中で何度も荷揚げしたり、ちょっと近所の「こぶ」まで登ってみよう
というのがありました、こういうのも高度順化になっているんですが



富士山


富士山に登った経験があるので 北アルプスの3000m位では高山病を
感じたことは無かったですが、富士山では御来光を見るために途中の小屋
で一旦休み2時頃出発して 自分らの時は新7合で4時だったと、まぁ頂上
には間に合わなかったもの途中から見られ、頂上はガスでダメということも・・

 

9合5尺 胸突き八著(3590M)今でも思い出しますが
あの辺まで来ると、「いくら息を吸っても酸素が足りない」そんな感じです
よく慌てて走って登った人が途中で倒れたとか、最悪お亡くなりに・・等
聞いてたこともあり、ゆっくり登るようにしていたものの・・・


景色がつまらないんですよ・・富士山 夜は下界の灯りや飛行機・星とか
頂上へ伸びる懐中電灯の道が 見えていましたが、明るくなると下は雲海
でそれは綺麗なのですが・・あとは上を見ると行けども行けども先が見え・・
あと鳥居もいくつもありましたね・・因みにコースは富士宮です


ひたすら尽きることのない上り坂を黙々と登ってましたね
あとは、「こんにちは~」の連呼ですね



横をみるとブルドーザーのジグザグの道があり、あれに乗ったら
楽ができるなと・・高山病をまったく無視した発言も・・


面白かったのは、自衛隊員が6人程度の隊列で来たかと思うと
後から米海兵隊が思い思いバラバラにあとからやってきたことです
(かなりの人数でしたが)アメリカに日本が追われてるとか・・
勝手なことを言ってましたけど 海兵隊員オモシロイ連中でしたね
頂上にいくと、まだ全員が到着してない様子でしたね。


食べ物は


水を2リットル・カロリーメイトです、カロリーメイトがあんなに美味い
と思ったのは、あの時が最初です。あと「すき焼き」を食べました・・・
ん~~とね、うちの親父がねぇそういう人なんですよ、6合と7合の途中で
暗くなる前に食べちゃったので、あとは道具を担いで登りました・・・


そういえばまだ当時は、頂上に測候所があり白いレーダーが見えていました




そんなこんなで高度障害のことも、まぁ人並みに体験していますが
エベレストは稜線に出ると、今度は風との戦いになるのは良く知ら
ており、平均20から30mの風速が50m以上にもなることから、
やはり登山は登頂で半分・下山をもって完遂というように


無事な帰還を心よりお祈りするものです。



空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか (文春文庫)


関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

タグ : エベレスト 富士山 三浦雄一郎

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




 

  • 2016/04/13  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震 その2
  • 2016/04/12  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震
  • 2016/04/02  : 2016/4/1 三重県南東沖で地震発生 M6.1 東南海かと思った・・・
  • 2015/09/24  : 2015/9/24 京都で地震発生 M3.5
  • 2015/06/03  : 2015/06/03 近畿のほか 中国・四国地方でも梅雨入り
  • 2015/06/01  : 2015/6/1 兵庫県南東部で地震
  • 2015/06/01  : 2015/5/30 小笠原沖でM8.5地震 全国で有感す
  • 2015/05/28  : 2015/5/28 大阪市内で地震発生
  • 2015/02/06  : 2015/2/6 徳島で震度5強の地震発生
  • 2014/11/23  : 2014/11/22 長野県北部でM6.8の地震


  • トラックバック





    copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。