プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:健康・温泉ほか ___ RSS

 手のしびれですが、アクセスランキングから落ちないので
結構かかっている人いるんですね、私はもう慣れましたが・・


というのは・・私の場合は左の小指でしたので尺骨神経側です
肘をつかないのは勿論ですが、日常に気をつけている事は


寝るとき万歳して寝る これしかしていません
この状態で寝るというのは、横に向けないということです
最初は結構キツカッタですよ・・腕をそのまましてても
なんか痺れてくるので、結局万歳です


でも良いこともありまして・・ベットで寝てると起きたとき、
上に上がって頭の上の「宮板」に頭が押さえつけられる様な
状態で首が痛いという事にならなくなりました


滅多になってませんでしたが、いい傾向です


そうそう椅子の肘掛けを外しました、結局これがあると
肘を突いているのと同じなので・・無くしたら全然違う



まぁ完全に治った とはいえない状態ですが
医者から薬をもらってたのは1月の終わり位までですし
それも途中から飲んでません・・


なんせ・・飲み続けなければと思ってましたが
気にならなければ、別に飲まなくてにいいよ・・
って言ってましたから


というのも・・病院でもらった薬が切れて、もっかい薬もらって
・・・でこの頃には、ほとんど痺れを感じず、たまに気になる程度
まで回復してたので、痺れよりも病院側の症状の説明が曖昧で、
どこが悪いのかそれが知りたいそっちが気になってましたから・・・



PS3 をよくやってましたが、パソコンも仕事柄よくやるので
頸肩腕症候群って言われていましたね・・でも
肘じゃないのって疑問が・・




病院は・・・


上の飲薬の話は、以前記事を書いた病院で無く
近所の整形外科での話です・・というのも



病院に最初行ったときです、玄関のカウンセラーに尋ねると
近所の整形外科に行ってくれと促されました、それでも初診
で問診表を書くと今度は脳神経外科になりました。


前回も書きましたが、痺れというのは怖いので、MRIまで
やって一応、首の問題なしと出て安心でしたが、
あとは、飲み薬で様子を見ましょうで終わりです。


首ではないが、左手小指から2本が痺れ・肘の前が重い
上腕がなんか重い・当時肩こりもあり こんな感じでした

もちろん握力も測りますし・当然血圧もです
これなら頸肩腕症候群って診断されても仕方ないです
でも、左手小指から2本が痺れ・肘の前が重い肘が重い
メインはここなんです


ところが・・脳神経外科なんです、整形外科じゃないんです
転科の話を外来で話したところ、ダメだったので
ここじゃ無理・・というわけで近所の整形外科へ行きました



基本的に病院というのは、怪我を治すところであり
つまり骨折とかの回復にリハビリしましょうとかで
手や足が痺れるなんていう、よくわからない症状の場合
関係無いというか、近所の整形外科行ってくれになります


痺れがある場合は脳神経外科に行ってくれで終わりです
(近所の病院の場合です・・他は知りません)



痺れなど、原因の究明こそ専門的な機械での診察が必要です
たとえば、脳から来ていて危険だとか頚椎損傷というような
そういう場合には極めて有効ですが、特に首や脊髄などに問題
が無ければ飲み薬で様子を見ましょう。で終わりです。


実際調べてみても、このケースの痺れは、飲み薬を服用するのが
普通なのがわかっていましたが、これではどこが悪いかわからない



近所の整形外科


というわけで小指の痺れとかの場合 脳や脊髄が原因という
ケースもありますが・・近所の整形外科で十分です。
両親でも近所の人でもいいので聞いてみて評判の良いところに
行きましょう、目安はオペ(手術)が出来るところです。


こういうところは診察器具も揃ってますし病院に比べ安く、
待ち時間が短いので通いやすいです、同じような診察例も多く
医師も慣れていると思います。


診察ですが病院とは触診するところが違ってました。


とはいうものの・・・治療のメインは飲み薬だから
精密検査で原因がはっきりしたら、あとは薬飲んでる
だけなんだが・・この辺は・・私がセカンドオピニオン
しただけというか・・何とも・・


病院では精密検査で危険部位に問題がなく安心を買った
の一言ですね・・今回の場合




飲み薬 ビタミンB12


末梢神経の回復に効果的な薬を飲むわけですが
私が飲んでた薬は、コメスゲンで「ビタミンB12」が
主に入ってました、赤血球の生成を助ける効果がある


腰痛 肩こりの他貧血 坑うつ 眼精疲労 神経痛 末梢神経炎
末梢神経麻痺に 効果的です


特に妊婦には必要で、不足すると胎児の神経管が欠陥して
脳や脊髄がうまく作られません、元気な赤ちゃんを産むためには
積極的に飲む必要があります。



参考記事


日本脊髄外科学会 末梢神経障害による手足のシビレ > 肘部管症候群
QLifeお薬検索    コメスゲン錠500μg(ビタミン剤)
2ちゃんねる     手足のしびれ

関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

タグ : 病院 病気 痺れ しびれ 肩こり 首こり ps3 MRI ジェネリック薬品

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。