プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:鉄道 JR 新幹線 ___ RSS
現在着工中の九州新幹線の全線開業日が来年3月12日になると
JR関係者より明らかになった

現在の九州区間は、2004年に3月13に開業、新八代~鹿児島中央までの区間で
部分運行がされ800系の「つばめ」が運行しています、博多~新八代間は
在来線の特急「リレーつばめ」で接続しており、新八代駅では同一ホームでの
乗り換えが可能で利便性の向上を図っている。

新幹線と在来線の特急が同じホームに並んでいるのはオモシロイかも。

工事中の残りの区間は、博多~熊本~新八代で、これが完成することで
九州新幹線鹿児島ルート 新大阪~博多~熊本~新八代~鹿児島中央が完成する。

現在、その開業に合わせて、各駅では改装作業が急ピッチで行われている
新大阪駅でも北側で増設工事が行われているので、近くを通るたびに
だいぶ出来てきたなぁと思いながら見てます。


さくら と みずほ

使用される車両は、東海道・山陽新幹線「のぞみ」で使われいる
N700系を改良した車両で「さくら」の愛称が決まって話題になっていた
「のぞみ」タイプの速達型は、「みずほ」が選ばれ 
「ひかり」タイプの快速型は、「さくら」になる

停車駅の設定だが、山陽新幹線の区間では、「のぞみ」と同様に
新神戸ー岡山ー広島ー小倉 の名前が挙げられていて九州区間では
少なくとも博多より先は、「熊本」のみの予定。

気になる所要時間だが、「みずほ」が3時間47分 「さくら」が4時間の模様
運行間隔は「さくら」が、1時間1本程度の予定だが、速達の「みずほ」は
限定的な扱いになるもよう。


航空機との所要時間では

「みずほ」の3時間47分の所要時間、航空機との競争を意識して設定されてる
航空機利用場合は、大阪(伊丹)~鹿児島は1時間10分だが、伊丹へはバス30分
鹿児島空港から鹿児島中央駅まではバスで40分で、移動に2時間20分かかる
飛行機の場合は、チェックイン後の手荷物検査や身体検査いろいろかかるため
JR側は、勝機はあるとしている。

(一度、鹿児島市内から複路で乗ったけどかなり遠い印象が・・)

料金

旅客機 伊丹ー鹿児島(通常期)2万6800円
「さくら」・「みずほ」の運賃は現在のところ未定

読売新聞 参考


愛称の順位

速達・みずほ 快速・さくら 各駅・つばめ となってくると・・・

やっぱり「つばめ」がもったいないですね・・速達で使ってほしい
ところですが・・JR九州が先に使ってしまったのが残念です
疑問に思うのは、なんで「みずほ」が速達?とも思いましたが・・

新規に速達タイプを設定するにしても、「さくら」がいいと思いますが
速達は、本数がかなり少ないようですし、内装に桜の木使ったと宣伝
してましたので、それでやむなく「みずほ」にしたのかな・・

でもまぁ、それならそれで速達「さくら」の方が乗れた時のプレミア感が
ある気がすんですが・・・・


つばめ 
東京ー神戸間を第二次大戦を挟んで運転された日本を代表する名門列車
牽引機はC51・C53が使われた、最速列車の「燕」は人気が高く展望車と共に当時
あこがれの的だった。戦争により大阪までの短縮になる。

30年代 現在の阪急、当時・新京阪鉄道のP6型が並走区間で追い抜いた伝説など 

48年にC62型が使われるようになる
50年に「つばめ」に改称。

56年11月東海道線線が全線電化、EF58型電気機関車に代わる、塗装から
青大将と呼ばれた。当初は9時間だったが7時間30分に短縮された。

60年 151系「こだま」型特急電車に置き換え 6時間30分に短縮
最後尾の展望車が無くなったが代わりにパーラーカー組み込まれた。
「はと」を吸収したことにより2往復体制、第1つばめ・第2つばめと呼ばれた

62年 広島まで電化が進み、1往復が広島まで延伸 
64年 東海道新幹線開業で、新大阪-博多間に変更
65年 名古屋ー熊本間に運転区間が延びる 481系に置き換えられ
68年 581系・583系 寝台特急電車も使われるようになる
72年 山陽新幹線 岡山開業で、岡山ー博多・熊本に延長、L特急化される
73年 581系・583系を使用の「つばめ」は西鹿児島まで延伸
75年 山陽新幹線 博多開業により「つばめ」廃止

92年 JR九州の特急「有明」の西鹿児島行きが「つばめ」で登場
ビュッフェが連結されていた。

04年 九州新幹線に採用され、新八代ー鹿児島中央間を800系新幹線で
走り出した、博多-新八代間は在来線で「リレーつばめ」で接続。これにより
ビュッフェは廃止となり座席車となった。


さくら 
東京-長崎・佐世保 を走りぬけたブルートレイン栄光のナンバー「1」
が、ついた列車だった肥前山口駅で、長崎・佐世保への分割運転していた。
98年12月に「はやぶさ」と合併運転をはじめたが佐世保行きは廃止になり
長崎どまりになる、05年3月のダイヤで廃止となった。


みずほ
 東京-熊本・長崎 を走りぬけたブルートレイン
愛称は「みずみずしい金色の稲穂」鳥栖駅で熊本・長崎への分割運転をしていた。
72年より、14系化していていたが、94年に廃止された。 
関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 新幹線 さくら みずほ つばめ ブルートレイン 航空機

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。