プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:ゲーム機 RC 他 ___ RSS

the_STAND


ザ・スタンド


軍の細菌兵器の実験で、強毒性インフルエンザが手がつけられなくなり
この世界の人口の大半が死んでいく中(一応舞台はアメリカ・・・)
ネブラスカ州のとうもろこし畑の一軒屋に住む、ギターを片手に語りかける
老婆が夢の中で語りかける「私のところに友達を沢山連れてきて・・」と、
片や、もうひとつの夢は、どこにでも現れる「闇の顔した男」の悪夢


夢の力で導かれた人たちが、その後の世界を再構成していくお話



広大なアメリカを横断して描かれる、荒野や白銀の峰など
バックで流れるギターの音色がとても美しく心に残る
6時間というかなりのボリュームの長編ドラマ。


出演: ゲイリー・シニーズ,モリー・リングウォルド
ロブ・ロウ, キャシー・ベイツ,エド・ハリス

監督: ミック・ギャリス



この作品を知ったのは、いつだったかNHKのミッドナイトチャンネルで見た
のがきっかけ、当時8mmビデオを持っていて、2話からだが何回も見ていた
ビデオ屋に行っても、字幕版の2本組みのみで、テレビやった日本語吹替版が
無かったし・・・もしDVDで出ても、すごい長編ものなので、どうせ字幕版のみ
だろうと思ってあきらめていたのだが・・・


何を思ってネットで検索したのか覚えていないが・・入力してみたら・・
なんとスティーブン・キングのザ・スタンド [DVD]が出ていたので
レビューを見たらなんと吹き替えもあるというではないか


というわけで、この作品は思い入れが強い上にボリームたっぷりの長編作品、
レンタル何ぞで見たくはないのでAMAZON でお買い上げ、というより、
こういうのは探し回る羽目になるのが目に見えているので・・・


やっぱりバックに流れる音楽が素晴らしい・・これに尽きる
ギターの音色が物悲しく、かつ広大な空間までも表現している
これがかかかるところ場面が素晴らしいの景色なので余計そう思う
まぁかなりヨイショしているので、話半分に聞いてくれたらok



州から州へと旅するところはもちろんだが、個性的な俳優も好きだ
最初の感染者と接触した一人で、主人公のスチュー役のゲイリー・シニーズ
ラリーは、大当たりしたところでこの災難にあったロックシンガー
彼は歌が上手くてカッコいい、この物語で一番親近感が沸くキャラで
彼の役には、アダム・ストークが演じている
苦悩する将軍役のエド・ハリス と、その副官とのやり取り
頭はいいけど聾唖者のニック役にロブ・ロウ
頭の弱い熊男トム・カレン役にはビル・フェイガーバック
この二人の、でこぼこコンビが自転車で旅をするところも好きだ


中心となる二人の人物、善側のマザーアビゲイル役に、ルビー・ディー
どこにでもいるおばあさんという感じだが106歳で神の啓示が聞ける、
もうひとりは、ランドール・フラッグで、ジェイミー・シェリダン  
闇の顔をした悪魔でデニム男、時にはカラスで神出鬼没


悪側の陣営というと、親玉フラッグの素顔を見ても、飢え死にするところを
助けられ恩を感じどこまでも着いていこうとする、ロイド役のミゲル・フェラー
子供の頃から火遊びが治らず、爆弾魔のトラシュカン役のマット・フルーワー
彼が時折歌う、変な歌が耳についてww まぁなんと申しましょうか・・


スティーブン・キング自身も出てくるので、探してみるのもオモシロイ


これらのおかげで時間のわりに、軽く通して見ることができた
まぁ・・何度も見ている作品なので記憶を呼び起こしながらなのだが・・


キングの作品を映像化したものだが、彼の作品はホラーが多いが、
これは特にそんな風には思えかったなぁ、最初は映画アウトブレイクのようだし

マスコミ対策に「豚が原因の新型インフルエンザということに・・」という辺などは
今現在流行している、新型インフルエンザとかぶらせるとゾッとするものがあるが・・
途中から神と悪魔の戦いに変わっているので、ようわからん部分も多い


DVDより先に本で、日本語版が出たとき、ずいぶん話題になったが
時間があれば詳しく知りたいので読んでみたい



ただ、人々が集まり、新しい生活をはじめる為、一致団結していくところなど
このあたりが見ていて一番気持ちの良いところで、何回見返したのか覚えていないが
テレビで見た、あの当時の事をちょっと思い出してしまった。


そういえばあの頃、千里山に通ってたっけ・・・
帰ってきてからの夜に放送される、続きが楽しみに・・
そんなこともあったなと、思いだした今日この頃です。



関連記事


スポンサード リンク


テーマ : ★★おすすめ♪★★ - ジャンル : ブログ

タグ : ザ・スタンド スティーブン・キング インフルエンザ アウトブレイク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。