プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:近所 ___ RSS

090408__柴島_駄菓子屋


柴島駅から電車沿いに来て次の踏切が、大宮通踏切です ここを渡らず
右折してすぐのところに、金光教の教会があります、子供の時はよく
ボーイスカウトの人たちを見かけたものです。


柴島から淡路へ向かう電車沿いの道は、通学路になっており
かくゆう私めも毎朝ここを通っておりました、柴島城跡の石碑ですが
当時、十一面観音菩薩のある、あのあたりで見た記憶があるのです
それも、今あるようなものより、もっと小さくて脊の低くい、字が詰まったやつを・・


というわけで、いきなり寄ったので、今の場所が分かりませんでした・・・・


上は、そこより1つ柴島駅に近いところにある、神戸屋パンです
よくお世話になりましたね・・ここには^^


奥に見えているのが、柴島神社です。


090408_柴島神社と公園


公園が神社の前にありますが、セットのようなものですね・・
よく遊んだ記憶があります、今でもそうですが、あの頃もここには
子供が多かったです、誰かに会えた記憶があります。


よくよく考えると柴島は大きく線路と道路に挟まれ、公園も2か所しかなく、
駄菓子屋の周りか路地で遊ぶ以外は、こういう場所がないので、
ここでたくさん見かけるのも、無理も無いのかもしれません。


この公園でも、ボーイスカウトの活動やってましたね
ガールスカウトもいたような・・・・


090408__柴島西公園公園の石碑


この丸い石はいつできたんでしょうか・・・
2枚目の写真の、防火水槽の標識の横に見えていますけど


この公園は
辻 善之助さん が、お母さんの生まれた
この町の子供たちに寄付されたものです
昭和39年1月   大阪市     とあります。


090408_柴島西公園_皇太子殿下御降誕記念


これは覚えています、朽ちた木に石碑を巻きつけてあります
皇太子殿下御降誕記念の石碑です、裏には昭和10年2月11日
というと、今の天皇陛下を お祝いしたものではないかと・・・


090408_柴島西公園_樹


神社は向うなんですが、私は、こっちの公園の樹の方が思いれがあって、
公園も鳥居の中なので・・この樹も御神木ではないかと思ってました
実際どうなんでしょうかね・・・・・・枝ぶりを見るとなかなか個性が強くて^^


090408_柴島西公園より、桜の柴島神社


公園の中ほどから、柴島神社を見てます、桜が綺麗ですね^^


たくさん並んでいる、石柱は当時盛んだった
柴島晒業の人たちが寄進した名残です。


090408_柴島神社_柴島晒ゆかりの地


柴島晒ゆかりの地 の石碑です


江戸時代は文禄3年頃から、大坂は綿花栽培がさかんで、このあたりは
淀川の流れで木綿を洗い干したあと乾燥させ陽に当てて白く加工する晒業が
盛んで、河川敷では、一面に敷かれた白い木綿が、まるで雪が積もったように美しく
「晒堤」といわれ名所になっていたそうです。


明治末には年間800万反を生産するまでに成長し、大阪の産業を代表する
ものの一つにまで成長し名産品とまでなり、奈良晒に劣らないと評判だったが、
新淀川への改修や柴島浄水場などの建設にあい、今は見る影もありません・・・


090408_柴島神社_手水舎


手水舎は入って右にあります、狛犬が守っているのが、珍しいです。


090408_柴島神社_本殿



柴島神社 (くにじま・じんじゃ)


この地は淀川の氾濫に幾たびと襲われ、そのつど洪水に苦しめ
られてきました。鎌倉時代(貞永元年 1232年)仲秋の大洪水がおこり、
洪水から逃げのびた人々は仲哀天皇の森に逃れ(3mほど高かったと・・


そこへ柴の束に乗った小さな祠が流れ着き、それを産土神として
お祀りしたのが起源とされています。


現在の柴島神社は、当時からの場所にあったわけではなく
淀川河川敷にありました、今だとゴルフ場でしょうか・・・


1901年・明治34年に淀川大改修で、河の流れをまっすぐにするため、
河口までの長い距離を掘り下げ、河川敷を整備しました
その時のあおりで、もちろん当時の柴島の町並みも、丸ごと更地にされ
柴島神社も当地に移され現在に到っています。



御祭神


八幡大神(応神天皇・神功皇后)
春日大神(天児屋命・建御雷命・経津主命・比売神)
天照皇大神          


相殿 天満天神



奉納品


宝暦5年 正親町三条より三十六歌仙額と灯篭一対を奉納
他にも、園前大納言より 神号額 灯籠一対奉納


特に社宝の御神刀は室町時代初期のものとされ、文化財の指定をうけ、
大阪私立博物館で保管されています。



中島惣社の合祀


一つ疑問がありまして・・中島惣社という凄い「お宮さん」があるのに
柴島神社は、何故合祀されなかったのか・・・ということです
中島惣社の合祀は、1908~9年(明治41~42年)48か村から行われました


柴島神社は、歴史も由緒もある神社ですが、河川敷のあった場所から移転して
中島惣社の合祀があった年まで、10年も経っていません
この時期なら、合祀されていても、おかしくない筈です・・


柴島神社以外には、菅原道真公ゆかりの神社
愛宕神社(淡路天満宮跡)菅原天満宮(牛まわし)を除けば


春日神社(上新庄)・松山神社(小松)・大宮(大道南)・大隅神社(大桐)
蒲田神社(淀川区・東三国)・神津神社(淀川区・十三東)
といったように結構遠くになります、では何故・・目と鼻の先の柴島神社が
合祀されないで残ったのかです・・



柴島浄水場が、明治41年~大正3年(1914)の6年の歳月をかけて造られ
1日の供給量 15万1800立方メートルで当時東洋1の規模で完成し、
現在では、2次オゾン処理をした「高度浄水処理」の飲料水を供給しています。


その反面柴島という町は、浄水場により大きく削り取られてしまい
名産品の柴島晒も衰退し、今や、わずかに工場が残る住宅地になってます。



柴島に住む、おじいさんに聞いた話によると 
(当ブログで度々出てくる、予科練15期の人生の大先輩です^^)


当時の柴島は大変栄え、役所に市場・大きな芝居小屋(花道のあるような)、
場所は現在のお風呂屋さんのあるあたりで、あの辺にはウチの先祖も・・・
また柴島には飲み屋のほかに、自家製のお豆腐屋さんも2軒あったりと、
柴島中学校の裏手には商店街があり、当時は繁華街だったようです。


その背景には、柴島晒の存在があります、この地域の中心地でしたが、
淀川大改修・浄水場建設により、町の多くが削りとられたことへの喪失感
住民や繊維業の人たちの懇願や、名産だった柴島晒による相当な財力も
あったことから、なんとか神社の存続が許されたんではないかと・・
その、おじいさんは言ってました。


もっとも合祀の時期は、今から100年ほど前なので、実際に見てきた
わけではなく・・・憶測の域は出ていませんが・・・


090408_柴島神社_絵馬と説明文



絵馬がぶらさがっていますが、興味深いのは写真と説明書きです
写真は、淀川大改修のときのもので、移築されるときに旧景を写したもの


洪水が絶えず(現在の旧淀川・大川 毛馬・桜宮・中之島へそそぐ)
淀川をまっすぐに伸ばす工事で、民家もまるごと整理した。
当時の様子がわかり、実に興味深い



柴嶋城址


十河一存(そごう かずまさ)が築いたとされる城、
西国から京へ向かう、重要拠点の1つだった


江口の戦いでは城兵は敗北


その後、大坂冬の陣にため伊勢・田丸藩から来た、「稲葉紀通」が
摂津・中島藩を与えられ居城となる。
大阪夏の陣以降、紀通は丹波福知山藩・福知山城主となり
それ以降、柴島城は廃れ、いつの頃からか廃城になる。



東淡路小学校


私の母校のことも書かれていました
地図で見てみると、今より随分西の方のようです。

啓発小学校の分校として東淡路小学校はできた 
くらいだったので、実に面白いです



柴島の地名


柴に乗った小祠からきた説
茎島(くきじま)が訛った とされる説
橡島(くぬぎじま)から柴島への転語説 (くぬぎ・しば が多く・・)


島がつくのは、昔は海で、難波八十島の一つという位に島が多く点在し
菅原道真公が大宰府へ流されるとき、淡路のことを「淡路島と間違えた・・」は有名で、
柴島も学校で聞いた話では、柴の多い島と・・・まんまじゃないか・・おいおい^^:


柴島(くにじま)は、立売堀(いたちぼり)・放出(はんてん)と並ぶ
大阪難読地名の一つでもあり、駅名クイズでも、よく知られている。


090408_柴島神社_境内社


赤と白の鳥居が仲良く2つ並んでいます。
左が摂社 仲哀天皇社 右に末社 住吉神社です。



摂社 仲哀天皇社

 

御祭神 仲哀天皇


この地は「仲哀天皇の森」と呼ばれた緑豊かな地で、
産土神として信仰された仲哀天皇が休息地として、
寄ったところと伝えられる。



末社 住吉神社

 

御祭神 住吉大神 稲荷大神 水波能売神


水神様、明治時代になり末社の「水神社」を合祀
「お稲荷さん」と親しまれている。


090408_柴島神社_渋川流躰術



渋川流躰術


本家は9代目である、渋川英元で、伝承が途切れたため
渋川流として残るは広島藩に伝わる系統のみだが、他流の影響で変化している
躰術といっても、柔術だけではなく、剣術・棒術・薙刀術のほか多岐に及ぶ


昭和中頃までに全国に広がった記録がある
柴島神社にあるのも、その時のものだと思われる。


大山善太郎という名前がある、広島から大阪に来た6代目の
伝承者の名前です。現在でも大阪・兵庫では伝承され、大阪府警では
逮捕術として習得しているので、「大阪のおまわりさん」は頼もしいです^^

関連記事


スポンサード リンク


テーマ : お散歩お出かけ写真 - ジャンル : 写真

タグ : 柴島神社 神社 柴島晒 柴島 公園 お稲荷さん 水神様 ボーイスカウト

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

Re: おおさか遊ぶろぐ事務局と申します

おおさか遊ぶろぐ事務局 様

はじめまして、よっちゃん^^と申します。

お誘い頂きまして、ありがとうございます。
おおさか遊ぶろぐオモシロそうです

登録させて頂きました

これからも、よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


夢想灯籠


「夢想灯籠」に関連するブログを新着 10 件表示しています。


こんちわブログ


始めましてこんにちわ。 ブログ始めますがまだ書くことは決まってません。 趣味日記的なものになると思います。




 

  • 2016/04/13  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震 その2
  • 2016/04/12  : 2016/4/10 兵庫県南東部で地震
  • 2016/04/02  : 2016/4/1 三重県南東沖で地震発生 M6.1 東南海かと思った・・・
  • 2015/09/24  : 2015/9/24 京都で地震発生 M3.5
  • 2015/06/03  : 2015/06/03 近畿のほか 中国・四国地方でも梅雨入り
  • 2015/06/01  : 2015/6/1 兵庫県南東部で地震
  • 2015/06/01  : 2015/5/30 小笠原沖でM8.5地震 全国で有感す
  • 2015/05/28  : 2015/5/28 大阪市内で地震発生
  • 2015/02/06  : 2015/2/6 徳島で震度5強の地震発生
  • 2014/11/23  : 2014/11/22 長野県北部でM6.8の地震


  • トラックバック





    copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。