プロフィール

よっちゃん^^

Author:よっちゃん^^
40代の乗り物大好き野郎です・・
猫2匹飼ってます、かれこれ21歳・・・・

使用機材

EOS 40D
EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

コンデジは含まれてません


お知らせです

お知らせがあります。



本ブログにおける記事・画像に

関する著作権は、私こと 

よっちゃん^^ に帰属いたします。



応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム


By FC2


全記事表示リンク


RSSリンクの表示


    DATE: CATEGORY:スポンサー広告 ___ RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真
    DATE: CATEGORY:鉄道 JR 新幹線 ___ RSS

2011年 春開業の予定の山陽・九州新幹線直通列車(新大阪-鹿児島中央)の
愛称募集がされていましたが、昨日ついに発表されました
応募総数16万8951通から、7927通を獲得し栄冠に輝いた、その名は


さくら」 と決定 公式ページ 投票結果


1 「さくら」7,927票 2 「はやぶさ」6,917票 3 「はやと」6,720票 4 「さつま」6,024票
5 「みらい」3,803票 6 「つばめ」3,438票 7 「ひびき」3,043票 8 「きぼう」2,407票
9 「やまと」2,284票 10 「みやび」2,136票 


九州の起伏の激しい勾配区間に対応するため、全車電動車とう内容になっている
現在最新のN700系をベースにマイナーバージョンアップすることで開発
JR西日本とJR九州とで共同開発がなされた。


最高時速は、山陽区間で300キロ、九州区間で270キロを予定している


通常16両編成なのだが、東京ー鹿児島間にならなかった理由は、
東京-鹿児島を通して乗車する客が少数なのと、九州内で採算が取れないためで
レールスターや、500系こだまのような、8両編成になったのだが
もともとJR東海が16両編成以下の列車を走らせることに難色を示しているためで
そのため、新大阪-鹿児島中央 間の運用となった。


車体の色だが、「白藍しらあい」という、陶磁器の青磁のような
青味がかった白が特徴で、他の車両と並んだ時に違いを再発見することができる。


内装のコンセプトは、日本文化の、美しさ力強さを表す「凛」を表現
木目調のデザインが特色となっている、デッキ・客室部テーブル類で
グリーン車(古代桜)・指定席(朱桜)・自由席(若桜)となっている
自由席には、テーブルに若桜の表記は無いが・・・



「さくら」という名前の列車


寝台特急さくら 東京-長崎・佐世保 を結ぶ 栄光の列車ナンバー1を有する列車
としての記憶がまだ残っていて、大阪駅でも東京行きが、朝4:00頃に停車していた。


その起源は、1923年大正12年7月から、東京-下関間で運転された
三等特急「櫻」からきていて、1942年鹿児島まで延長するも急行に格下げ
翌年、戦時ダイヤで廃止なった。


1957年 7月 寝台特急「さちかぜ」東京-博多間に誕生
1958年 10月 同区間を走る「あさかぜ」とのあいだに誤乗車が頻発したため
     「ざちかぜ」を「平和」と改名したのち


1959年 7月「さくら」に変更、客車も「動くホテル」といわれた20系寝台車となった。
1965年 長崎・佐世保に延長され、肥前山口で分割・併合される
     ナハフ21座席車をナハネフ21に変更(先端部)
1972年 14系寝台車への編成かえ
1984年 グループ客を狙って、4人個室 カルテットを連結開始 B寝台の2段化完了 
1985年 EF65-1000からEF66へ変更 ヘッドマークが緑地のものなる
1986年 明星廃止で、余剰の14系15型も、使われるようになる
1993年 食堂車の営業が売店業務になる
1994年 小倉駅のラッシュ時通貨を避けるため、富士の時間帯と入れ替え
      それにより、列車番号1・2が、3・4に変更となる
1997年 定期運行の寝台列車として、東京-長崎間1350Kmは、運行距離最長となっていた。
       カルテット」の連結を終了、オハネ14をオハネ25-100改造のオハネ15に置換え

 

1999年 「さくら」の佐世保行きの廃止
      「はやぶさ」と併結運転開始「はやぶさ」24系25型「さくら」14系
      「さくら」6両となる、「ソロ」1人用B個室がつくが、食堂車とA寝台車が廃止
2002年 「さくら」5両に減らされる 「はやぶさ」も7両に
2005年 平成17年 3月1日「さくら」廃止 最終列車は鳥栖行き 

 

2009年 2/26日 九州新幹線 直通列車の愛称として返り咲き 2011年春より運行予定



つばめを期待していたので、ちょっと残念だ、
同列車は、東海道新幹線開業後、大阪-鹿児島間で走っていたので・・
車体が少し青っぽいので「はやぶさ」でもよかったと思う、ピンクのラインでも欲しいが
あのカラーリングなので、レールスターのようなカッコいいロゴマークを期待したい
まぁ内装は、桜なので・・合っている・・・


同区間には「あかつき」がいたので、関西の人間には、「さくら」はほとんど縁が無い
列車だっただけに この決定は嬉しいものがある。


ただね・・・長崎新幹線の名前が・・気になるところ・・
まさか「みずほ」「かもめ」「あかつき」のどれかになるのか・・・

関連記事


スポンサード リンク


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

タグ : JR九州 JR西日本 新幹線 九州新幹線 N700系 さくら ブルートレイン

SEO対策:鉄道:パソコン:大阪:写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴマのブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。